ENJOY YOUR TRIAL.

Viedoc Logistics
サプライマネージャーのために

Viedoc Logisticsは、治験薬の在庫を確保・最適化するように設計された、治験薬供給管理システムです。最新のRTSMシステムに期待できるすべての幅広い機能を提供できるように設計されています。

シンプリシティ

Viedoc Logisticsは、エンドユーザーを念頭に置いて設計されています。直感的なツールと全体像が容易に把握できる概要ページによるインターフェイスの最適化で、これまで以上に簡単に治験薬供給の管理とトレースを行うことができるようになりました。この機能はViedocプラットフォームと完全に統合されており、Viedoc ClinicのeCRFをリアルタイムで可視化することで、効果的かつコスト効率の高い治験薬供給管理を促進します。

フレキシビリティ

Viedocは、自由度の高い設計ができることで知られています。そしてViedoc Logisticsも例外ではありません - 独自のユーザーロールを設定、割り当て範囲を設定、治験薬の処理に関する一般的な設定などができます。試験構築は迅速に行え、最小限のトレーニングで構築を開始できるようになります。24時間・365日のアクセスとバックアップを備えたクラウドベースで、治験薬の在庫が少なくなったときのお知らせアラートや、詳細な履歴記録により、治験薬の管理・供給を安全に行うことが可能です。

FAQ

EDCの外側でIWRSやIVRSは必要ですか?

いいえ。全てのアクションはViedocで完結していますので、ユーザーはViedocにログインするだけです。

システムではアクションの実行がすぐに反映されますか?

はい。システムの更新を待つ必要はありません。 キットの受領がシステムに登録されると同時にすぐに利用できます。

ある施設のキット数が少ないとアラートが出ますか?

はい。登録者数/患者数に基づいて施設別のアラートレベルを設定することができます。また、キットの有効期限をトレースすることもできます。

オープンラベル(非盲検)研究と二重盲検研究の両方で機能しますか?

はい。対象者を登録/ランダム化し、システム内のすべてのキットをすぐに割り当てることができます。

複数の種類の治療法を割り当てることはできますか?

はい。一次治療と補助治療(必要な数だけ)の割り当てを設定することができます。

複数の配送センターがある場合はどうなりますか?

Viedoc Logisticsは、施設単位から大規模な国際共同研究まで対応しています。

ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。